国内産の価値。天草の産地に今起こっている事
てんぐさが生い茂る10年後のニッポンのうみを考える

東京都島しょ農林水産総合センターの取り組み
 
八丈島のテングサを救え!藻場の衰退防止に挑む
 
近年続いているテングサの不漁要因を把握するため、テングサの生長・繁茂と海洋環境の関係について調査しました。その結果、八丈島は近年、黒潮流路ないし外側域に位置することが多く、このため生長に必要な栄養塩が十分供給されないことが、不漁の大きな要因となっていることがわかりました。
 
 
海況が好適になったとき速やかに回復できるように、現在残るテングサ場を保護する必要性があります。特に、湧水のような高栄養の水が流れ込む海域を有効活用すること、過度の食圧から防御することが望まれます。また、一部の高栄養な漁港域を、新たな藻場造成地として利用できる可能性がみえました。この漁港域を、テングサのために利用することが望まれます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
海藻礁によるテングサ漁場の回復を目指して。
 
三宅島のテングサ(マクサ)漁場の回復が遅れている一因として、降灰や泥流による火山灰や土砂等が漁場へ堆積することによりマクサ胞子の着生が阻害されている事が考えられました。そこで、新たな基盤を設け、胞子の着生を促すとともに、栄養繁殖(ちぎれた藻体が基盤に付着し、生長する性質)を利用してテングサを繁茂させることを目的とした海藻礁を三宅島の漁場に試験設置したところ、対照ブロックや周辺の岩礁と比較して、テングサが着生しやすい事を示す結果が得られました。
 
 
三宅島では、平成12年に始まった雄山の大規模な噴火の影響等によって多くのテングサ(オオブサ、マクサ)漁場が荒廃し、浅場のオオブサ漁場は回復傾向にあるものの、深場に分布するマクサ漁場の多くは噴火以前の状態には回復していません。島はテングサ漁業への依存度が大きく、漁獲金額全体に占める割合が、噴火前年の平成11年には漁獲金額全体の約22%を占めていましたが、漁業が再開された平成17年は約13%と激減しています。そこで、衰退してしまった三宅島のテングサ漁場を再生するための技術開発に取り組みました。

海底に設置した海藻礁(手前2礁)と対照ブロック(奥)
 
海底に設置した海藻礁(手前2礁)と対照ブロック(奥)
 
 
マクサが繁茂した海藻礁柱状ブロック側面にマクサが繁茂している。
 
マクサが繁茂した海藻礁柱状ブロック側面にマクサが繁茂している。

参考文献:東京都島しょ農林水産総合センター調査報告